実は相続が苦手な税理士が多い

実は相続が苦手な税理士が多い

先日、多くの税理士が相続税の申告についてあまり得意ではないということを知り、驚きました。お任せください大田区 税理士をチェック!

 

 

平成24年の相続税を納めた人は約52,000人いたそうです。お探しの情報は税理士 事業承継ならこちら!

 

それに対して日本全国で税理士の登録をしている人が約75,000人いるそうです。迷ったらこちら大田区 記帳代行←クリック

 

 

単純に割り算をすると1年間に相続税の申告業務をする件数は1人あたり0.7件。詳しく見たいなら税理士 相続をご覧ください

 

税理士の中にも相続を得意として専門でやっている人もいるでしょうから、実際はもっと低い数字になるのではないでしょうか。

 

また、相続税を計算する際に、土地をいくらの財産になるか評価計算するときに、形がいびつであるとか、傾斜にある土地とか様々な特殊な事情で本来だと低く計算できるところを、相続に不得手な税理士の中にはそういった特殊事情を加味せずに高めの金額で計算をして、本来より多く相続税を申告、納税しているケースが多くあると知りました。

 

相続の相談をするときには、相続に強い税理かどうかをきちんと見極めて相談する必要があると感じました。悩む前に税理士 開業←こちらをご覧ください